いやな写真ですか

免許証の更新をして、写真、変に写っちゃって、がっかりー、みたいな話はよく聞きます。
5年間もこの写真と付き合わねばならないのー、みたいな。


でも、それって、そんながっかりすること??
だって、免許証を誰かに見せるときって、その写真の人物(本物)が、常にそこにいるわけじゃないですか。
どんな変な写りの写真でも、その写真の人物は、免許証のすぐそばに必ずいる。
今、現在のその人の顔がそこにある。



これが、たとえば、高校の卒業アルバムだったりしたら、悲惨だわね。
自分が変な顔に写ってしまっている、卒業アルバム。

学年が1500人だったとしたら、つまり、卒業生は1500人。
製造される卒業アルバム、1500冊。
その1500冊は、おのおのの家庭で、半永久的に残る。
おのおのの家庭で半永久的に残される、自分の変な顔。
これは悲惨だわよ。



でも、運転免許証は、この世に1枚しかない。
そして、5年間だけ。
そして、写真の人物の本物の顔が、絶対にそこにある。
[PR]
by ishokuju | 2007-10-02 00:00 | ちょっと聞いて | Comments(0)
<< なぜ捨てる 知らない親 >>