怖いもの

なんだか、理由はわからないけど、ぞわーーっと怖さを感じるものって、ない?




子どものころ、すごく怖かったものがある。
うちに、オルガンがあって、オルガン用の楽譜集があったんだけど。


楽譜の右上には、作詞・作曲者の名前が書いてあるでしょ。
でも、たまに、「作者不詳」の曲があった。

作者不詳。
その文字を見るのが、怖くて怖くて、たまらなかった。
見てはいけないものを見てしまった、というか・・。

オルガンは、2階の部屋にあったんだけど。
背筋が凍りつく感じで、ひとりでいるのが怖くなって、すぐに1階の家族のそばに行きたい感じ。

なにが、どうして怖いかって・・、理由とか説明できぬ感じなんだけど・・。




もひとつ、怖いもの。
県境の、県名が書かれた表示・・。

ドライヴしてて、香川県が終わって、徳島県に入ったときにある、『徳島県』っていう、大きな文字・・。
あのね、国道みたいな、車の通りが多い道は、そんなに、なの。
山道とかね。

山道なのに、あんなに大きい文字・・。
『徳島県』。
威圧的っつうか・・。

お前は今、徳島県に入ったんだぞ?! みたいに、高圧的口調で言われた感じ。
もう戻れない、みたいな。
山道の長いトンネルって、怖いけど、トンネルと県境がダブルで来た日にゃあ、怖さMaxよ。
ドーーーーン!! って感じ。




こんな、人に説明しずらい恐怖って、ありませんか・・?
[PR]
by ishokuju | 2011-07-17 13:59 | ちょっと聞いて | Comments(0)
<< 寺と猿 いづみに呼ばれてる >>