後輩が彼女を連れてきた

福岡に遊びに行くと、最近は、サークル時代の後輩に、アポなしテレフォンする。
今、福岡にいるんだけど、お茶でもする? って。



今回も、日曜夜、突然電話。
20時からは、今井美樹おねえたまのFMを聴かねばならないので、21時から会うことにした。
ホテル1階に来てもらうことに。



待ってると、後輩、到着。
ひとりではなかった。
彼女連れ。


僕らがいたサークル出身なんだって。
26歳。
はじめまして、ってあいさつした。


はじめまして、だけど、同じサークル出身とわかって、なんか、うれしくてしかたない。
宮崎あおい似で、すごいかわいいの。
顔もかわいいけど、性格のよさがにじみ出てる感じ。



(僕が学生のとき、ものすごく年の離れたOBの人と接すること、多かったけど。
こんな、感じ良く接していただろうか、って考えてしまった。
それくらい、その後輩の彼女は、かわいい子だった。)



わけのわからない女の子だったら、適当に相手するところなんだけど。
彼女も、かつて、あの汚い部室で4年間を過ごしてる同士なのかと思ったら、もう、愛情に近い感情さえ、いだいちゃう。
2時間くらい3人で談笑したけど、彼女のこと、僕も大好きになった。



昨日、後輩は、僕の初恋の相手である、かつてのサークル仲間と会ってたんだって。
○○さん(僕の苗字)、そろそろ福岡に来るころなんじゃないですかね、なんて、うわさをしてたんだって。
まさか、今日の夕方に、そいつの部屋の下を僕が歩いて通ってた、なんて、言えるはずもなく・・。




別れ際、今度、福岡に来るときは、事前に連絡ください、って言われた。
サークルのメンバー集めときますよ、だって。
次、福岡に行くときは、ついに、かつて好きだったやつと再会しちまうかもしれないな。
[PR]
by ishokuju | 2011-04-14 05:13 | ちょっと聞いて | Comments(0)
<< タワレコ福岡店にて 春色の汽車と涙 >>