元同僚の人

こないだ、友達から、マラソンの大会に出ないか、といざなわれて、それが明日あるんだけど、今日は、ゼッケンをとりに、会場に行ってきました。
(ランニング教室みたいなの、してて、高橋尚子がいたよ、間近で見て興奮しちゃった。)


ゼッケンを受け取って、グッズ売り場みたいなとこ、うろうろしてたら、なんだか、見覚えのある女性が。
僕も向こうも、お互いを見てる感じ。
前に、職場にいた女性だ・・。


目をそらそうか、どうしようか。
一瞬目をそらすと、向こうもそらせて、もっかい見ると、また向こうがこっちを見て・・。
5秒くらいの出来事。
そのあいだに、二人の距離が縮まって。


話しても話さなくてもいい、って感じだったんだけど、距離が縮まったから、声をかけることにした。
お久しぶりです。
会うの、10年ぶりくらい。
職場の大先輩にあたる人で、同じ職場にいたの、僕が入社してから2年くらいで、その2年のあいだも、ふたり、ほどんど、しゃべったことがない。


よく、お互いが、元同僚だってわかったな。
お互いの記憶力がすごいってことかな。

まだ、あそこで働いています、って言うと、ものすごいびっくりされた。
お名前、なんでしたっけ、って失礼を覚悟で聞くと、むこうからも、名前なんだった? って聞かれた。
お互い、苗字さえ覚えていない、そんなふたりなのであった。

明日、お互い、走るってことで、がんばりましょう、って言って、別れた。



巨大な競技場のはしっこで、そんな奇妙な再会。
[PR]
by ishokuju | 2011-02-06 01:46 | ちょっと聞いて | Comments(0)
<< マラソンなんて 最後の家族 >>