先週の日曜。



友達とお茶でも、ということで、商店街へ。
歩いてたら、別の友達とばったり会って、新しくできたキャフェのコーヒー券をくれた。
そこへ行ってみることに。


“まちのシューレ963”ってとこ。
トゥモローランドと紅茶屋のあいだのエスカレータをのぼったとこの2階ね。



おしゃれ空間で、ケーキとコーヒーをいただく。
植物とかもたくさん配置してて、いい感じ。


ガラスの大きな器に、木の枝がいけられてる。
で、白い花が咲いてる。
梅?
梅の季節にしては、ちょっと早いけど。
まさか、桜じゃないよな、桜の枝は切らないものだし。



店員の女の子に、あれは梅? と問いかけると、桜、って答えられた。
この季節に咲く桜なんだと。
えーー。
驚き。


梅の枝は折るけど、桜って普通、折らないよね、って、連れに言った。
桜折るバカ、梅折らぬバカ、って言うよね、って連れに言ったら、その言葉、知らないって。
あれ、言わない??


てことで、ケータイで検索。
やっぱ、桜折るバカ梅折らぬバカ、って言葉はあった。
梅は、枝を折ったほうが成長によくって、桜は、枝を折ったりしたら、病気にかかりやすくなる、ってことに由来する、ことわざみたいなものかしら。
『折り梅』って映画、あったよね。




キャフェを出て、友人と別れ、1分もたたぬまに別の友人と合流、また同じキャフェに入ることに。
[PR]
by ishokuju | 2010-12-18 02:29 | こんな週末 | Comments(0)
<< 流星 トーストの長い歴史 >>