ほんとうはカラフル

白黒テレビとカラーテレビがあったとする。



白黒テレビは、どんな映像も、白黒でしかうつらない。
カラーテレビは、カラーの映像はもちろん、50年前のモノクロの映画も、うつすことができる。
つまり、白黒の映像を、カラーで表現している、ってこと。




それと似たような感じかも、なんだけど。
モノクロの写真のポスターがあったとして、実はそのポスターが、カラー印刷だったりすること、よくあるんだよねー。

こういうの、そのポスターを、虫めがねででも見てみないと、わからないことだけど。
でも、モノクロの写真を、わざわざカラーで表現するなんて、ものすごく「贅沢」でしょ??

CDジャケットとかで、モノクロの写真のものってあるけど、ああいうのは、たいていが、カラー印刷なんじゃないかな。
1色以上のインクを使って、印刷しているはず。
[PR]
by ishokuju | 2010-10-22 06:20 | ちょっと聞いて | Comments(0)
<< トライアスロンへの道 A PROJECT OF T & R >>