悪人

『悪人』。




『悪人』は、吉田修一の書いた小説。
4年前に、新聞に連載されてた。
僕は、職場では、いつも、朝日新聞を見るんだけれども、『悪人』、朝日新聞朝刊の連載だった。



なんて言ったら、この小説を読んでいたみたいだけれど、まったく、読んだことがなくって、『悪人』の連載の、タイトル文字、およびイラストがとても不気味で印象的で、それが好きだった。
束芋(たばいも)って人によるもの。


束芋って何者?! って、当時から、友人とうわさしてた。
いろいろ、調べたりね。
僕と同い年の女性で、最近、人気があるアーティストみたいだよ。

(昨日の朝日新聞にも、束芋、大きく取り上げられてて、友人にMailで報告した。
今、大阪で、展覧会みたいなのしてるみたい。
Umm...、ぎりぎり行かれない。
来週、大阪なのにな。


束芋、僕と生年月日が6日ちがい。)



そんで、『悪人』、映画化されて、今月末、観に行きます。
小説の『悪人』は、書店で1.5ページくらい立ち読みしたけど、福岡県が舞台なのかな。
映画のロケも福岡なのなら、僕はむかし、福岡に住んでいたことがあるので、観るの、楽しみです。


妻夫木聡と深津絵里が主演で、深津絵里は、こないだ、この映画で、海外の有名な賞を受賞したよねー。



妻夫木クンが出てる映画を劇場で観るのは、『ジョゼと虎と魚たち』以来、深津絵里が出てる映画を劇場で観るのは『(ハル)』以来だ。
[PR]
by ishokuju | 2010-09-10 07:03 | ちょっと聞いて | Comments(0)
<< FMなかの 四谷LOVE >>