雪の歌

今日、寒くて、おいらが住む香川県も、雪、ふったぞ。
舞う程度だけれどもね。
なんか、うれしい。




職場の窓から、雪、見てて、ふと、あるメロディが思い浮かぶ。

サッポロスノゥウィ~まだ~スノゥウィ~あの人が~♪



ワォ! これ、中島みゆきの歌だ。
なつかしい・・。

子どものころ、深夜、オールナイトニッポンなんて、よく聴いてたけど。
ポニーキャニオンのCMとか、流れるの。
高校1年のときよ。
中島みゆきニュゥ アルバムのCMで、この曲のこの部分が流れてて。
「サッポロSNOWY」ってタイトルだった・・、はず。
『歌でしか言えない』ってアルバムよ。

「シー. キュゥ.」、「おだやかな時代」、「炎と水」、「南三条」、「た・わ・わ」、「渚へ」・・。
このCD、買って、よく聴いてた。
歌詞カードの歌詞、活字じゃなくて、手書きなんだよー。



今日、数ある雪の歌の中から、なんで、この曲が頭の中に流れたのかは、不明。
CDも、今は持っていないし、今日を最後に、この歌、もう、一生、思い出すこともないかもな。


(なんにおいても、もう、これが最後かもしれないな、って思うこと、最近、多い。)



追伸:
ちなみに、松任谷由実の歌で、いちばん好きなのが、「雪月花」っていう曲。
これも、雪が出てくる歌だ。
[PR]
by ishokuju | 2010-01-14 02:19 | ちょっと聞いて | Comments(0)
<< お餅にはえたかび 美術館にて >>