SAZANCA

こないだ、うちの近所のサンマルクで、食事。
サンマルクを出ると、建物の前に、SAZANCAが咲いてる。


最初、SAZANCAかTSUBAKIか、わからない。
似てる。
それは、花の散りかたで、見分けられる。


花びらが、ぱらぱらって散るのが、SAZANCA。
TSUBAKIは、花が、そのまま、ぼと、って落ちるんだよね。


僕の実家(徳島県にある)の裏庭に、SAZANCAの木がある。
ていうか、サンマルクの前でSAZANCAの花を見て、そんなこと、ふと思い出した。
実家で生活をしてた子どものころは、花になんて、興味、なかった。
毎年、その木は、冬に花を咲かせていたんだろうと思う。
SAZANCAの花が咲いた、なんて、両親は話題にしてたのかもしれないなあ、そんなことも、まともに聞いたことがなかった。


サンマルク前のSAZANCA、思わず、写真にとった。
久しぶりに、家に帰りたくなった。


今回、うちのこんな近所で、SAZANCAポイントを見つけられたのは、うれしかった。
この部屋に越してきて、もう7年もたつのに。
これから、冬、SAZANCAの花が咲くの、楽しみにしようっと。

** ** ** **

ちなみに、TSUBAKIの花は、栗林公園(りつりん こうえん)で見られる。
栗林公園以外で、TSUBAKIの花って、見たことあったっけ。

TSUBAKIの花は、花がそのまま、首からとれて、ぼと、って地面に落ちるから、縁起が悪い、なんて、言われることがあるみたい。
それで思い出すのが、子どものころに読んだ、中島みゆきの随筆。


内容は・・。
地面に落ちたTSUBAKIの花は、落ちてなお、地面から栄養を吸い取っているかのように、咲き続けている、みたいな感じだったかな・・、確か。
TSUBAKIの花は、えらい、って内容だった。
モノクロのTSUBAKIの写真が載ってたはず。
なんの本だったっけな・・、新潮文庫なのは確かなんだけれどな。
あれ、もっかい、読みたいな。

** ** ** **

今日は、仕事納めでした。
18時から職場の忘年会。
しゃぶしゃぶです。
おとといは、ちゃんこ鍋だったのに。
食いまくりだわ。



そろそろ、部屋を出ます。
f0207134_17124846.jpg

[PR]
by ishokuju | 2009-12-29 17:12 | ちょっと聞いて | Comments(0)
<< せつない道のり、つづく 今年も暮れていくわ >>