『アクセル』と『サイドブレーキ』

僕が、好きで好きで好きで、しかたない人の本があって、幾度も、くりかえし、読む。


ある随筆に、アクセルとサイドブレーキのことが書かれている。

『アクセルを踏むより、サイドブレーキをはなすことのほうが大事なのに、めいっぱいサイドブレーキをひきながらアクセルを踏むから壊れてしまう』、って。
これ、車のはなしじゃなくって、人のことを言っているんだよ。



たとえば・・・・。
体がプヨプヨだから、よし、筋トレするぞ! と決意、いきなりターザンを買ってプロテインを摂取して、体をきたえはじめた。
これが、アクセルを踏みこんでる状態。

ほんとは、まず生活を見直して、食べるものを考えたり、軽い運動を取り入れたりして、ぜい肉を減らすことから始めないといけない。
これが、サイドブレーキをゆるめている状態。


部屋にモノがあるれてるからって、収納の家具を買うのが、アクセルを踏んでる状態かな。
結局、部屋が狭くなってしまう。

思い切って、モノを減らす、これがサイドブレーキをはなすことだと思う。


身近な人で、どうしても、気の合わない人がいる。
明らかに敵対心を感じる・・、とか。
どうやって、相手にギャフンと言わせられるか、あるいは、無視していられるかを考えている・・。

これが、アクセルを踏んでいる状態だとしたら、じゃあ、サイドブレーキってなんだろう・・。

あいさつをしてみる、とか、その人のいいところを見つけてみる、とか、笑顔で話しかけてみる、とかかなあ・・。
そうやってたら、その苦手な人との関係も、改善されるんじゃないかしら。




というふうに、いつも、『アクセル』と『サイドブレーキ』を、心の中で思うようになった。
なにか、いらいらしたり、壁にぶち当たったときは、たいてい、『アクセル』を踏み込んでることが多い。
そういうとき、『サイドブレーキ』の存在を、忘れかけてる・・!

今のこの状態、サイドブレーキってなに? って、考える。
案外、すぐにそれがわかったりするんだけど・・。
それは、恥ずかしいことだったり、勇気が必要だったり、自分のダメな部分を認めてしまうことだったり、する・・・。




サイドブレーキをゆるめる素直さと、アクセルを踏み込むかっこよさ、両方を持ち続けたい、って思います。
[PR]
by ishokuju | 2009-11-21 20:48 | ちょっと聞いて | Comments(0)
<< キーケースと子どもたち 「時のないホテル」のトリック >>