假屋崎省吾と日高のり子(最終話)

18時ちょうどくらいに、実家に到着。
久しぶりに、両親と会う、父は、最近、病気になって、といっても、まあ元気で、薬を飲んでいる、薬を飲んでいるその副作用で、顔とか、パンパンに丸くなっている、と、母から聞かされていたが、まあ、丸くはなっているが、そんな、ショッキングなほどではない。





眠くて。
3時間、爆睡。
そして、高松へ戻る。
「假屋崎省吾と日高のり子」、おしまい。






■□総集編□■

7日、土曜日。
12時半、徳島県美馬市(とくしまけん みまし)、假屋崎省吾の蘭の看板のところで、【t】と待ち合わせの予定。
なのに、10時半くらいまで、ベッドでごろごろ、まどろむ。
ああ、カーテンの向こうは、きっといい天気・・・・・、三度寝突入・・・・、みたいな。

さすがに起きないと・・、ばたばたと起床。
リックサックに荷物を適当につめ、さいふに金を補充して、徳島県美馬市をめざす。

JR高松駅の前から始まる、あの中央通りを、ずっとずっとずっと、曲がることなく、南へ進む。
高松空港を通り越し、塩江の町を超え、高松市を終え、しばらくすると、徳島県に突入。
美馬市。
すると、突然現れる、假屋崎省吾の蘭の看板・・、そこを右折すれば、待ち合わせのパーキングエリア。

【t】の車に乗り、高速に乗る。
イーティーシーがついてる。1000円。
パナソニック製のイーティーシーは、声、日高のり子。
カードが挿入されています、とか、たまに音声が鳴るんだけど。
そのナレーション(ていうのかしら)を、のり子が担当してる。

【t】は、今回の松山用に、音楽をセレクトしてくれていて、それを聴きながら、サーヴィスエリアに寄りまくりながら(食いまくりながら)、松山を目指す。

ていうか、こんな、松山、みたいな遠出をする場合、まず、運転手は、僕が担当することが、ほどんどだったから。
自分が助手席、というのが、新鮮でねー。

15時、ホテル到着。
安いわりには、キレイなとこだったな。
チェックインをして、おのおのが部屋に入る。
19時、サンマルクキャフェで会うことにして(タカシ氏。ともここで合流予定)、自由行動に入る。

僕は、部屋に入るなり、いきなり寝る。
1時間くらい、のつもりで・・。

・・・・・、で、気づくと17時、みたいな。
きゃー。
街を歩きたいのに。

身支度をして、街へ出る、商店街まで、歩いて5分くらいのところ。
百貨店(三越と高島屋)をはしご。
松山は、三越と高島屋が、アーケードのはしとはしにある。

メンズフロアをまわって、いいかげん疲れてきて、そろそろ、19時の待ち合わせがあるから、サンマルクキャフェをめざす。
で、松山にはイルビゾンテのお店があることを思い出し、それが三越のとなりにあることがわかって、三越のまわりを1周したりする。
見つからない・・。
結局、三越となりの全日空ホテルの1階(のかなり奥)に、お店はあった。
お店の中、すごい革のにおいで、興奮。
実に理想的なブレスレットを見つけて、購入。

19時、【t】、そんで、久しぶりに、タカシ氏。と合流。
予約をしてあった、串かつのお店に直行。
(ホテルにせよ串かつにせよ、すべての予約等の段取りは【t】まかせな、今回の旅なのであった。)

食事後、プレシャスで飲んで、そのあと、タカシ氏。とはお別れ。
(あそうそう、タカシ氏。、madonnaのCDをトーストしてくれてたの!
しかも、僕と【t】、二人分よー。
ありがとう。すごいうれしかった。)

2件目、SEEKへ移動。
久しぶりに、ゆーママと会う。
わりと、飲酒する。
というか、【t】が飲酒する姿を、この日、初めて見たのであった。

いつものように、きょーたママと、ユーミン合戦、みたいなのを、やった。
【t】から、南野陽子が好きな歌であるらしい、とのことで、「ランチタイムが終わる頃」という歌を歌う。
(きょーたママは、「帰愁」を歌う。)

あと、「雪だより」ってえのも歌う。
僕が、車を運転しながら、「♪失恋~したの~少し前~あなたに話しましょう~」って、CDにあわせて歌ってる動画があって。
それが、去年夏、どういうわけか、ネット上に流出する事件があった。
見たことがある人も多いと思う。
あの歌が、「雪だより」。

(動画流出、とか言って、まあ、僕が自分でばらまいたんだけど。苦笑。)

みたいな感じで、SEEKをあとにし、ホテルに戻る。
4時とかかな。
【t】とふたり、ならんで歩きながら、ため息をこぼしたり、したようなしなかったような。

8日、日曜日。
ホテル、10時アウト。
なのに、9時45分くらい、【t】がケータイに電話してくるまで、寝る。
あー、今日も、すっげいい天気!

なにか食わねば、ホテル近くに、「らいふ」という喫茶店を見つけ、入る。
(Umm...、中島みゆき的☆ わかる人はわかってねん)
モーニングを食う。

高島屋まで、チンチン電車に乗ることにする。
松山でチンチン電車に乗るの、初めて! なんて、このときは興奮してたけど、乗ってから、あ、4年前に乗ったわ、って、思い出した。
(4年前、松任谷由実のライヴ会場に向かうときに乗ってた。)

高島屋、高級婦人服エリアから、地下食料品売り場まで、わりとそれなりに見て回って。
商店街へ移動。

リーヴァイスのお店がおもしろかった。

正午になり、そんで、某百貨店で、食料品、購入。
昨夜、飲み屋ではなしした子が、売り場にいるということで。

ディーゼルとかビームスで、パンツをいろいろ試着して、ひとつ、買う。

そろそろ、松山を去ることにする。

車に乗り込み、高速へ。
イーティーシーは、カードをはめなきゃならず、【t】から渡されたカードをはめてみるが、「このカードは読めません」と、のり子にしかられたり、する。
いいなー。イーティーシー。

サーヴィスエリアで、昼食を食ったり、おみやげを買ったり、実家に、18時ころ帰る、と電話したり、する。

帰りの車は、帰り用に、音楽が用意されていて。
ちょっとメロゥな選曲、眠気をさそう、てか、寝ちまう。

16時半くらい、假屋崎省吾の蘭の看板のところで、【t】と別れる。
運転おつかれさま。

18時、久しぶりの実家に到着。
門のところに、見知らぬ照明がついてる。
いつのまに・・。

トイレに入ろうとすると、洋式トイレになってて、めんくらう。
いつのまに・・。

なんか、久しぶりに両親と会っても、なにを話していいのか。
仕事は忙しいのか、なんてね。
いつも同じことを言われたりして。

父は、元気そうでよかった。
って、まあ、元気ではないのかもしれないけれど。
薬の話をしたり、した。
似たような薬を、僕も飲んだりしてるから。
あの薬は、胃腸の薬も一緒に飲まねばならぬ、とかね。
共通の話題が、薬ってのも、どうかと思うけど。

僕は、眠かったから、父との会話もそこそこで終わらせ、寝る。
深い眠りからさめると、まだ3時間しか寝てなかった。

最後、母と談笑。
地デジには変えたのか、と問われ、変えるつもりはない、と答える。
2011年夏からは、テレビなしの生活だ、と。
母は、僕の言ってること、理解できなかったみたい・・。

紙袋に入った、食料をいろいろ、持たせてくれた。
果物とか、お菓子とか。
サイダーが入ってたから、うち、冷蔵庫、すでに電源落としている、と言うと、また、不思議顔、された。

テレビとか冷蔵庫とか、ない、っていうのが、やはり、理解できないみたい。

腹がへってたので、徳島ラーメンを食って、高速で高松に戻ってきた。
[PR]
by ishokuju | 2009-11-09 03:45 | こんな週末 | Comments(0)
<< 山本レコードさんですか?? 假屋崎省吾と日高のり子(第四話) >>