花火の日

2度目の洗濯の洗濯物をとりこみ、18時すぎに、ハルキと会う、3日ぶりにアルボーレへ行った。
3日前、【t】と行ったときと同じコースメニュゥを頼む。


アルボーレでの食事を終え、外に出て車で走ってると、空が光る、雷? とハルキが言うので、今はちょうど20時、花火である、と答える。
職場の駐車場に車をとめ、21時まで花火を見た。


毎年8月13日は、高松の花火の日。
ちょうど10年前、1999年8月13日は、そのころの恋人と二人、詰田川(つめたがわ)の橋の上から、マンションでかくれて半分になってる花火を見たっけ・・。
なんて、自分ってわがままだったんだろう、とか、自分勝手だったんだろう、とか、いろいろ当時を思い出しちゃった。


その後、ブレイクスルーへ行く、ハルキは初めて。
いつも土曜日しか行かないから、超満員ばかりのこの店だけど、今日はのんびりモードだった。
ハルキは、登山をしてて、今日の昼、高松に戻ってきたばかり。
富山県の剣岳(つるぎだけ)へ登ってた。
こないだ、映画になったやつね。
デジカメの写真を見せてもらった。
山の上は太陽光が強く、かなり灼けていた。



明日は、午前中に、友人を高松空港へ送る。
ねよっと。



私信:【t】へ
あのコースの前菜、今日頼んだの、月曜のときの半分だった。
月曜は、たこスライスが4枚、肉のスライスも4枚だったよね?
今日は、それぞれ2枚ずつ、パプリカも半分だった。

われわれのときが、たまたま倍だったのか、今日が半分だったのか、知りたい・・。
[PR]
by ishokuju | 2009-08-14 01:16 | ちょっと聞いて | Comments(0)
<< 朝のエリエール 枕も洗濯 >>