「もう愛は始まらない」

大阪の堂山町ってところにある、エクスプロージョンっていうクラブ。
ここができて10年ですって。


僕が初めてここの階段をおりたのが8年くらい前になるのかな。
ずっと昔からあるのかと思ってたけど。
そうでもないのね。

昔は、カウンターがお店の中心にあったんだよな。
なつかしい。
まだまだ僕も若かったころだ。


大昔(20年以上前)の松任谷由実の歌に、「もう愛は始まらない」っていうのがあって。
この歌、こういう、クラブのことを歌ってる。

クラブを海の底にたとえたりして。
うまいね。

エクスプロージョンが、まさしくこの歌のイメージ。
天井なんてものすごい低くて。
なんか、水槽に入れられてるような感じじゃない?あそこって。


轟音の音楽、そんななか、顔を寄せ合って大声で話しをしてる、って場面がこの歌に出てくる。
誰かのカップルのことを噂してるんだけど。
そういうの、よくわかるわ。


先週に続いて、今週末もクラブに遊びに行く。
昔に比べてペースは落ちたけど、やはりこういうの楽しい。

僕も年をとってるから、まあ、ノリは違ってきてるかも。
さらに年をかさねたら、どんなふうに変わっていくかしら。


僕の友達にはいろおんな年齢の人がいる。
いろおんな年齢の人とつきあうのは、やっぱり楽しいよ。


よくわからないことを言ってしまってごめんなさい。
[PR]
by ishokuju | 2006-10-05 00:00 | MUSIC | Comments(0)
<< 「記憶」 過去・現在・未来、どれも好きで... >>