12月30日

■■昨夜は仕事納め&忘年会。
忘年会は部屋から歩いてすぐのところで。
ビールなんかも飲む。
21時ごろ帰宅、すぐ就寝。


■■30日、朝4時ごろ起床。
剛士とMail、洗濯、風呂掃除、その他家事をこなす。
アイさんにMail、待ち合わせを15時三越前にする。


■■10時~14時、仮眠。
いい天気、自転車で三越へ向かう。
三越1階、エスティ ローダー前付近で、アイさんと会う。
いつぶりかしらん、久しぶり。


■■ナウになった丸亀町の街を徘徊、近況報告、感嘆。
ルイ ヴィトン前の【くつわ堂】、その2階のキャフェへ。
キャフェ!!!
ステキなの!!!


■■前に、東京を旅するとき、お土産に和三盆を買うため、【くつわ堂】で買い物をしてて。
お店の上がキャフェになっていることを知って。
でも、行ったことがなかった。
こんなステキなキャフェだなんて。
今まで来たことがなかったことに、僕もアイさんもヴィックリ。


■■アイさんのケータイが鳴る、UMEから。
僕も、久しぶりにUMEとしゃべる。
こないだまで福岡に行ってたんだって、あら、僕と入れ違いね。
で、UMEもこの【くつわ堂】キャフェに合流することに。


■■UME、キャフェに現れる。
・・・いつぶりなんだろう・・、2年ぶりくらいに会う。
そして、僕、アイさん、UME、・・・。


■■UMEが初めて香川にやってきた日、僕は、当時まだ同僚だったアイさんを彼に紹介した。
なんだか悪ノリで、その日、UMEとアイさんは、僕の部屋に宿泊。
その夜、悪ノリのまま『獲母羅(evolla/エヴォラ)』は誕生した・・。
幻のユニット、獲母羅・・。


■■この3人で、音楽活動なんて、しばらくしてた。
ケータイのメアドにだって、“evolla”なんて挿入させてたし。
懐かしいなあ・・、今日、まさかこの3人が顔を合わすなんて思わなかったから・・。
いつにまにか、獲母羅は自然解体してしまったけれども・・。


■■【くつわ堂】キャフェでの談笑は、18時で終焉(しゅうえん)。
3人は、散る。
キャフェではケーキセット、おぜんざいなんて食って。
大好きなキャフェになってしまう。


■■今日は、商店街で大事な用事があったの。
コンタクトレンズを買うこと。
先々週の大阪、ダークルームの淫らな夜、はじけすぎて、右のコンタクトをなくしてしまっていたの。
右だけ購入。


■■部屋に戻る。
夜は、幸司・【k】のふたりと食事の予定があるため。
フラワーコンタクトからの帰路、アイポッドナノで松任谷由実を聴きます。
「ブルー プラネット」。
波の音から始まる曲。
ちょっと・・!!この曲なんて、なんか、今年をいろいろ回想させるじゃない・・、この曲を初めて聴いたのは、ラジオでもCDでもないわ、彼女のライヴでだったのよ・・。
初めての東京での彼女のライヴ、4月、そんなこと、思い出す。
・・正確には、そのライヴのことより、そのライヴのころの、まあ、僕のプライヴェートのことだったりしたわけですが・・。
切なくさせたわけです。


■■19時半ごろ、帰宅。
パソコンをonすると同時に、オーストラリアの友人・マサ兄貴と文字会話が始まる。
テレビでは倖田來未ちゃんとイグザイルが歌ってる(レコ大)。
幸司ともMail。
3つを同時にこなす。


■■マサ兄貴は、まだ会ったことのない友人。
この間、帰国(来日?!)してたとき、新宿で『て。』のsadaクンと初対面したそう。
その話題で盛り上がる。
僕も早くマサ兄貴と会ってみたいな。
時差も少ないことだし、南半球に飛んでみようかしらん。


■■幸司・【k】の二人が思いのほか早くレインボーロードに着いちゃったので、マサ兄貴との文字会話を切り上げ、部屋を出る。
某スポーツ用品店に入るやいなや、カワイイアディダス製スニーカー(ピンク色)に目が行って。
即・購入。
【k】も靴を買っていた。


■■3人で、“D”へ行き、満腹食ったわ。
今年、何回“D”で食ったことでしょう。
哲也[Tetsuya]クンにも、ケーキ画像を送りつける。


■■僕は、年末年始の体調管理のため、“D”を最後に、もう部屋に戻る。
本当は、今夜、近所のクラブでエクスプロージョンってイヴェをやってて。
参戦したいんだけれど・・。
やはり、ここで体調を崩したくない。
年明けの福岡を乗り越えなければならないから・・。
(去年、12月30日のエクスプロージョン、すっげー楽しかったけれど、体調崩しちゃったのよ。
どんなときでも食欲と性欲だけはある僕が、そのふたつさえもを失ってしまっていた、今年の悲惨な正月。
あれは・・、今年は絶対にくりかえしたくなくって。
コラァゲンおねえたんなんか、今、高松に来てるんだけれどもね)


■■部屋に戻って、お風呂にお湯をためて、ゆっくりつかる。
資生堂シャンプー TSUBAKIの泡は、僕を由紀恵にさせる。


■■まだ体がほてっているあいだに、まだ由紀恵の魔法がとけぬ間に。
指先がつむぎだす言葉は、この日記をうずめていく。
12月30日。
[PR]
by ishokuju | 2006-12-30 00:00 | ちょっと聞いて | Comments(0)
<< 買い物あれやこれや イノシシ・ナツカシイ >>