ありがとう

日曜に、「みゅーじん」って番組を初めて観たことは、こないだここに書いたのだけれど、その日、特集されてたのは手嶌葵(てしま あおい)ちゃんっていう、20歳の女の子。
歌手。
『ゲド戦記』っていう映画の歌を歌って、それがヒットして着目されてるみたい。

前に、「題名のない音楽会」に中孝介(あたり こうすけ)クンと一緒にゲストで出てるのを観た。
聴いてて眠くなってしまいそうな、そんな歌声。



で、この「みゅーじん」って番組で、彼女にカメラが密着して、楽屋裏なんかがうつる。
彼女を見てて、あることが気になって仕方がない。
ものすごく、彼女、肌がアトピーっぽいんだ。

いろんな土地でのライヴ映像とか、また別の日のインタヴュー風景とか、つぎつぎうつるんだけど、部屋でのインタヴューのシーンの彼女は、特に肌のトラブルが目立つ。


カメラが苦手です、って言ってる。
ほんとに苦手そう。
で、彼女の口からその言葉が出た。
「アトピーの人は誰でもそうなんじゃないでしょうか」。
見てて、ドキッとした。


ここで、永井大のナレーションが入るんだけど・・・。
なんて彼、言ったんだっけ。
そのナレーションが・・、優しい感じで、とてもよかったんだ。


・・・わりとアトピーとかって、放送で言うのってタブーっぽくない?
芸能人の整形とかと同じ感じで。


でも、この番組での、その部分の触れ方が、とてもよかった。
別に、その部分を放送しなくてもいいのに、あえて、彼女のアトピーであるっていう発言をカットせずにひらったこと。
で、そこにあれこれつっこむでもなく、軽~くそのことを流すように扱ったこと。
すごく、僕的には感じがよかった。
このシーンがなかったら、この日のこの番組が、こんなに印象に残らなかったと思うもん。


雑誌のインタヴューとかで、自分がアトピーだって言ってる芸能人は、何人か知ってる。
岡本夏生とかbirdとか、言ってるの、見たことある。

でも、肌の調子がかなり悪い状態でテレビに映ってる芸能人を見るのって、そうないことだよね。
ましてや、自分がアトピーだって放送で言うだなんて。


同じ、生まれつきアトピー持ちの僕としては、この番組を観て、なんか勇気のようなものをもらってしまったのでした。
[PR]
by ishokuju | 2007-10-18 00:00 | ちょっと聞いて | Comments(0)
<< いくつかの物語 永井大(ながい まさる) >>